2021年1月12日

ナンパ物は本番まで到達する事が最上級評価ではない – 素人SSSゲッター Vol.39

投稿者: erotaro

素人SSSゲッター Vol.39

シリーズ第39弾!100%完全素人、「SSS(トリプルエス)」のルックスの素人を求めて全国を旅する彼らの名は「素人ゲッター」!No.281⇒おもらし、ゴックン、生ハメのフルコース!No.283⇒Iカップ爆乳娘!生でブチこみ思わず中出し!!

「素人SSSゲッター Vol.39」の本編動画はこちらから

ギャップに萌える

1番目の茶髪ギャルは見た目とは裏腹に恥ずかしがりで、その姿に萌えます。

生理中。

Bカップと貧乳。

電マを当てられ、声を押し殺しながらも感じています。

男性器の名称を口にするのも恥ずかしいと言いますが、フェラするのは恥ずかしくないという(笑)。

立ちバックから挿入。

電マを当てられているとき同様押し殺した様な喘ぎ声ですが、正常位では気持ちいいのか声を出しています。

最後はお腹に発射。

生理の血と精子が混ざって、「すごーい。

グロッ!」と。

積極的なのが好きな人には物足りないかもしれませんが、流されて最後までヤッてしまうのと、見た目の印象と違い、ギャルが恥ずかしがる姿が好きな人にはオススメしたいです。

ナンパ物は本番まで到達する事が最上級評価ではない

素人SSSゲッターvol.35に出演した日焼け痕クッキリのFカップ娘目当てに当作を購入しました。

カラミ全体的に流れ作業的で淡々と事をこなしているという印象でそのまま結局最後まで進んで終わったという感じです。

前回出演時のVOL.35で本番しないで終わった時の方が、この女の子はカラダの素材が活きてよかった気がします。

しかしながら素人っぽい娘をナンパAVに出演させた時に起こりうるこれが本来の現象だと言い換えれるかもしれません。

言わずもなが、当作を監督する菊地氏は女優を素人に装って出演させ演出する仕込み手法が十八番のインチキ監督ですが、彼の作品に主だって見受ける女優達(予備軍含め)は始まってものの数秒でポンポンと衣服を脱ぎ、『アアーン』と感じ悶えます。

そういうのばかり見てると、日焼けFカップ娘みたいな控えめで乗り気でない反応が物足りなく感じてしまう錯覚に陥るんですね。

「素人SSSゲッター Vol.39」の本編動画はこちらから